スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FaxDMの書き方30

■FaxDMの書き方30



「FaxDMはB2B商材向けの販促方法」という定説があるようですが、 平均して0.1%バックがあれば良い方とされるFaxDMの世界にあって、 B2C商材を扱う当社が、この数字を出し続けられるのは かなり驚くべきことなのではないかと思います。




また、当社にとっては、新規獲得のマスを広げるのが目的ですので、特に地域や送付先のセグメントなどを、意識的にはずして送付していますので、その上での、この数字は実施前には想像もつかなかった優秀な成績です。




おかげさまで、サンプルの引き上げ単価(CPA)は2000円を切り、実購買への引き上げも20%を超える勢い。この調子なら、計画的に予算投下していって、「好きな数だけ」新規顧客を受け入れる事が可能となりました。当社にとっては、インターネット以外で、はじめて新規を安定して獲得していけるツールが見つかったということになります。




マーケティング・コンサルタントさまからは、FaxDM原稿の修正アイデアだけでなく、実際の送付物についてのコンサルティングを頂いていますが、 いままで、通常、当社がサンプル配布して実購買に引きあがっていた率が7%ほどでしたので この送付物も、驚くべき数字を残している事になります。




逆に、ネットでのサンプル配布でも使えるツールとしても 重宝させてもらっています。






本当にちょっとした所を修正するだけで、数字が変わりますし、その理由が、なるほど、それはもっともだと納得できるケースもあれば、なぜ、そんなことで数字が上がるのか、不思議な事もあります。素人には到底、考え付きもしない、本当に「え?そんなところを?」という修正をほどこすだけで、ガラッと数字が上がったりするので驚いております。




もっともっとブラッシュアップを極めて、より安いCPO(新規客獲得コスト)でお客様を獲得していくツールに育て上げていこうと、楽しみに思っています。



※このコラムは、以前、オールアバウトのウェブサイトに私が掲載していたコラムを加筆修正したものです。



●FaxDMにはFax番号付の名簿リストが必要!


Fax一斉送信代行| Faxの書き方は ← ★ここ!

名簿販売 | 名簿 | 名簿業者 | 名簿 | 名簿屋 | 名簿 | 名簿

●FaxDMの反応率を上げる「無料小冊子プレゼント」とは?


小冊子 作り方 | 小冊子 書き方 | 小冊子 作成 | 小冊子 制作







電話番号クリーニング | FaxDM代行

ダイレクトメールの未着 | ダイレクトメールの不着

名簿のクリーニング | ダイレクトメール代行 |
スポンサーサイト

テーマ : 経済
ジャンル : 政治・経済

FaxDMの書き方29


■FaxDMの書き方29



何と言っても、FaxDMは、テストマーケティングが最小のコストで展開できる点が FaxDMの大きな魅力だったのと、原稿のパターンを変えて反応率を測定し、よりよい 原稿にブラッシュアップしていく、仮説→実施→検証→検討のサイクルが 非常に早いペースで回していける点に惹かれました。




また、FaxDMサービスにお願いする前に、別のFaxDM業者を 使ったこともあるのですが、実際、送信費が非常にかかる上に 不達リストに対するケアがまったくなかったため、こちらで手動で 再送信しなければならないなど(しかも再送の通信費は実費!)、手間もコストも非常にかかっていました。




もし、このFaxDMサービスではなく、他の業者で、当社が今まで出してきたほどの大量のFaxDMを継続していたら、おそらく、リストの中で話し中などのケースにキチンと再送信されているかといった精神的ストレスにつねに悩まされ続けていたでしょうし、返信率もコストも、今とは格段に違った結果になっていたに違いないと思います。




実際にFaxDM送信をはじめるにあたり、原稿を作る段階で自分なりにネットに流れているいろいろなFaxDM原稿についてのノウハウを仕入れてみました。




その結果、かなり作りこんだつもりで原稿を仕上げたのですが、 マーケティング・コンサルタントさまからは、思いもよらないようなアドバイスをいただき、 修正を加えると、やっぱり、すっきり整理された原稿に仕上がるんです。




また、返信率とニラメッコしながら、少しづつ小さな修正を加え続け、 今では、平均して0.7%、多いときには1.7%ものバックを叩き出すまでになっています。



※このコラムは、以前、オールアバウトのウェブサイトに私が掲載していたコラムを加筆修正したものです。



●FaxDMにはFax番号付の名簿リストが必要!


Fax一斉送信代行| Faxの書き方は ← ★ここ!

名簿販売 | 名簿 | 名簿業者 | 名簿 | 名簿屋 | 名簿 | 名簿

●FaxDMの反応率を上げる「無料小冊子プレゼント」とは?


小冊子 作り方 | 小冊子 書き方 | 小冊子 作成 | 小冊子 制作







電話番号クリーニング | FaxDM代行

ダイレクトメールの未着 | ダイレクトメールの不着

名簿のクリーニング | ダイレクトメール代行 |

テーマ : 経済
ジャンル : 政治・経済

FaxDMの書き方28 アドバイスに対してのお客様の声

■FaxDMの書き方28 アドバイスに対してのお客様の声



以下は、インターネット通販をやっていた方からのお客様の声です。




当社はネットショップで事業を立ち上げてきた関係で、検索経由、PPC広告、アフィリエイトなど、ネットを使った新規獲得については、ひととおり経験してもり、それなりの実績も作ってきました。




が、ポータルサイトへの純広告出稿など、一度に大予算が必要な広告には まだ手が掛けられる段階には至っておりませんでした。




ネットの広告にはいろいろな種類がありますが、確実に採算ベースに乗る広告効果が期待できるものというのは限られてきますし、ネットだけに依存していては劇的に新規獲得のマスを広げることは、不可能だと思っているところでした。




かといって、紙媒体の広告に打って出ようにも、ネットとは畑の違う媒体独特のノウハウもわからず、また、なんといってもネットと違い、 ちょっとテストマーケティングを実施するのにも、ある程度、まとまった広告費を投下しなければならないのが、二の足を踏む要因でした。




そうこう手をこまねいているうちに、ネット経由での新規取りの限界を ひしひし感じはじめ、3年ほども現状が変わらないというジレンマに陥ってしまっていました。




そんなときに知ったのが、FaxDMサービスでした。



※このコラムは、以前、オールアバウトのウェブサイトに私が掲載していたコラムを加筆修正したものです。



●FaxDMにはFax番号付の名簿リストが必要!


Fax一斉送信代行| Faxの書き方は ← ★ここ!

名簿販売 | 名簿 | 名簿業者 | 名簿 | 名簿屋 | 名簿 | 名簿

●FaxDMの反応率を上げる「無料小冊子プレゼント」とは?


小冊子 作り方 | 小冊子 書き方 | 小冊子 作成 | 小冊子 制作







電話番号クリーニング | FaxDM代行

ダイレクトメールの未着 | ダイレクトメールの不着

名簿のクリーニング | ダイレクトメール代行 |

FaxDMの書き方27 FaxDMとPPC広告


■FaxDMの書き方27 FaxDMとPPC広告



それと、PPC広告のもう1つの問題は、問合せ件数を自分でコントロールすることが、FaxDMよりも困難だということです。




PPC広告からの問合せは、あるキーワードに対しての検索者の数によって決まってしまいます。そして、そのキーワードの検索回数が多いキーワードは、ビックキーワードと呼ばれ、1クリックは30円ではとても出稿できません。ビックキーワードになれば50円~1,000円以上と高額です。




では、あまり検索されないキーワードだと、どうでしょう? 1クリック30円以下の、月間数百回しか検索されないキーワードは、ロングテールと呼ばれています。こうしたキーワードに対してPPC広告を出稿した場合、1ヶ月に問合せが1件から数件あればいい方です。




ロングテールに対しての出稿は、安価ですが、膨大な数のキーワードを考え出し、そしてPPCのシステムに出稿する作業が必要です。




ちなみに私は、オーバチェアに1万キーワード以上出稿したことがありますが、そんなことができるのはマーケティング・コンサルタントくらいでしょう。普通の人は数十から、多くて数百キーワードの出稿だと思います。




PPC広告の場合、ビックワードに対しての出稿は、非常に高額になり、採算が合わなくなる可能性が高くなります。逆にロングテールのキーワードの出稿の場合、安価に押さえられますが、問合せ件数を稼ぐことができません。検索されないから安価ですし、検索されないから、PPC広告は表示されず、問合せ件数を稼ぐことができないのです。




しかしFaxDM営業の場合は、FaxDMの通数によって、問合せ件数を予測できますし、自分でコントロールが可能です。問合せを多く取りたいときにはFaxDMの通数を増やし、問合せを減らしたければFaxDMの通数を減らせばいいのです。



※このコラムは、以前、オールアバウトのウェブサイトに私が掲載していたコラムを加筆修正したものです。



●FaxDMにはFax番号付の名簿リストが必要!


Fax一斉送信代行| Faxの書き方は ← ★ここ!

名簿販売 | 名簿 | 名簿業者 | 名簿 | 名簿屋 | 名簿 | 名簿

●FaxDMの反応率を上げる「無料小冊子プレゼント」とは?


小冊子 作り方 | 小冊子 書き方 | 小冊子 作成 | 小冊子 制作







電話番号クリーニング | FaxDM代行

ダイレクトメールの未着 | ダイレクトメールの不着

名簿のクリーニング | ダイレクトメール代行 |

テーマ : 経済
ジャンル : 政治・経済

FaxDMの書き方26


■FaxDMの書き方26



もしかすると、それでもなお、オーバチェアとかグーグルアドワーズ等のPPC広告だったら、まだ望みはあるとお考えかもしれないですね。




単純に1クリック30円のキーワードがあったとします。




1%、100人に1人が問合せしてくれるとして、見込顧客獲得単価は3,000円です。




0.5%の反応率のFaxDMと同じ経費です。PPC広告が0.5%の反応率の場合、見込顧客獲得単価は6,000円です。




PPC広告の場合の100人とは、クリックして、ホームページを見た人です。その前のPPC広告を見た人は何千人もいるでしょう。そしてPPC広告に惹かれて、ホームページを見て、そのホームページの内容に興味を持ってくれて、やっと問合せが発生します。




FaxDMに対して、段階が1つ多いことにお気づきですか? 




まず検索エンジンで検索する人が、PPC広告の3行広告を見ます。ここで100人に1人とか、千人に1人が、PPC広告をクリックします。




そして、次に広告主のホームページを見ます。その広告主のホームページを見て、問い合せる人が100人に1人とか、200人に1人という世界です。




FaxDMの場合は、送付した件数に対して、100人に1人とか、200人に1人から反応を得ることが可能ですが、PPC広告は、ホームページを見てもらう前に、PPC広告を見てクリックしてもらうという段階があるのです。




同じキーワードに出稿しているPPC広告よりも自社のPPC広告の方がクリックされやすくする工夫が必要で、さらにホームページでは問い合わせを発生させやすくする工夫が必要です。




実はFaxDMよりも面倒で、頭の痛い作業が多いのです。さきほど、PPC広告からホームページに来て、100人に1人とか、200人に1人から問い合わせを受けると書きましたが、PPC広告やホームページで、0.5%~1%の反応を得るのは、非常に難しいものです。



※このコラムは、以前、オールアバウトのウェブサイトに私が掲載していたコラムを加筆修正したものです。



●FaxDMにはFax番号付の名簿リストが必要!


Fax一斉送信代行| Faxの書き方は ← ★ここ!

名簿販売 | 名簿 | 名簿業者 | 名簿 | 名簿屋 | 名簿 | 名簿

●FaxDMの反応率を上げる「無料小冊子プレゼント」とは?


小冊子 作り方 | 小冊子 書き方 | 小冊子 作成 | 小冊子 制作







電話番号クリーニング | FaxDM代行

ダイレクトメールの未着 | ダイレクトメールの不着

名簿のクリーニング | ダイレクトメール代行 |

テーマ : 経済
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

faxdmblog

Author:faxdmblog
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。